ご自宅で行える簡単セルフケア! 〜オスグッド〜

今回は「オスグッド」の症状でも特に軽度な方やまだオスグッドなのかも分からないですと言う方に是非ご覧になって欲しい内容となっております。

注意点 

*まずはこちらをお読みください

痛みがある場合はセルフケアでは改善が期待されません。

むしろ過度な運動は組織の破壊を促します。

組織の回復が必要なため固定であったり適切な施術が必要になります。

一度当院にてご相談ください。

 

*太腿(ふともも)の筋肉のリリース

 

オスグッドの方は大腿四頭筋(太腿の前の筋肉)が硬くなってしまっています。

また、大腿四頭筋が硬くなることにより膝のお皿が引っ張られて膝蓋靭帯(お皿の下の靭帯)も硬くなります。

 

1、太腿のストレッチ

大腿四頭筋に関しましては、ストレッチをしましょう。

患側(痛めている方)を正座のように折り曲げた状態で体を後ろに逸らせていきます。

大腿四頭筋のストレッチ

 

大腿四頭筋が引っ張られる感覚があると思います。

20秒行いましょう。

 

2、膝蓋靭帯のリリース方法

膝蓋靭帯はお皿の下にある柔らかい組織です。これを摘みながら膝を曲げ伸ばします。

膝蓋下脂肪体のリリース

 

10回ほど行いしょう。

どちらもお風呂後などに暖まった状態で行ってください。

 

 

また、足首や股関節が硬く膝に負担がかかりすぎてしまうという原因もあります。

股関節であれば、前面にある筋肉(腸腰筋)、後面にある筋肉(臀部筋)のストレッチが必要です。

開脚や逆に足と足をくっつけて体を前に倒すなど行ってください。

 

足首の硬い方はふくらはぎのストレッチが必要です。

アキレス腱伸ばしを行いましょう。

 

オスグッドは小児に起こる骨端症です。

放っておいてしまうと骨の剥離を起こします。

軽度の痛みでもまずはご相談ください。

 

戸塚小林整骨院

〒244-0003神奈川県横浜市戸塚区戸塚町121大川原ビル1F