「変形性膝関節症」の方に行って欲しくない行為とは。

今回は「変形性膝関節症」の方が行って欲しくない行為についてご紹介いたします。

よくなると思って行っている行為が本当にいい事なのか。

様々な情報が混ざってしまい間違えて覚えてしまっていないか。

一緒に確認してみましょう。

 

変形性膝関節症の方に行って欲しくない行為

・痛みのある時期のスクワットや激しい運動

 

・水を抜く、注射を打つなどの対処療法

 

・痛みのある時期のスクワットや激しい運動

 

当院に来られる患者様の多くに運動量を増加して痛みが増してしまったという方が多くいます。

変形性膝関節症の方の弱化筋肉として太腿の前の筋肉があります。

病院の先生などが筋肉不足などを指摘して筋トレをしましょうと言いますが、痛みがある時期に行ってしまうとより悪化させてしまいます。

基本的には運動による負荷で組織を痛めてしまうので、その膝に対して運動負荷を増やしてしまってはより痛めてしまいますよね。

まずは安静です。

負担をゼロに近くして組織の回復を促します。

当院では包帯による固定を施します。動ける固定をしながら患部の自己回復力を促していきます。

痛みがあればまずは安静。

覚えておきましょう。

 

・水を抜く、注射を打つなどの対処療法のみの対処

 

整形外科などに行くと水抜きや注射などによる痛め止めなどをしてくれる場合があります。

一時的に組織の回復を促して痛みを軽減させる目的があると思われます。

こういった施術を対処療法と言います。

当然、痛みを引かせることもできますし必要なことではありますがこれだけではいつまでも繰り返しになってしまいます。

痛みが出る根本の施術にはなりません。

変形性膝関節症になってしまった原因を改善して同じ痛みを二度と繰り返さないようにしたくありませんか?

股関節足関節硬さや悪い癖による筋力の出力不足など、必ず変形性膝関節症になってしまう原因が存在します。

それらを改善してくれる先生に見てもらうようにしましょう!

根本を見直していくことで、今抱えている痛みの早期改善にも繋がります。

 

 

戸塚小林整骨院

〒244-0003神奈川県横浜市戸塚区戸塚町121大川原ビル1F