坐骨神経痛

坐骨神経痛メインビジュアル

坐骨神経痛メインビジュアル

ホームページ限定割引画像

医師の推薦

教えてもらう前と後2

セミナーや地域貢献活動、神奈川県知事も施術を体験

水泳世界記録保持者

患部画像

  • 歩いているともも裏からスネが痺れる
  • 座っていると腰からお尻が痛くなる
  • 朝、顔を洗うために前屈すると痛む
  • 長い時間立っていると足に力入らない感じがする
  • 布団から立ち上がることが辛い

メモ:あっ!私のことだ…の画像を入れる?

一般的に行われている坐骨神経痛の対処や施術は

神経痛の薬や痛み止めや、リハビリで電気だけかけている

神経自体が背骨の病変により神経痛として感じているものもありますが、まず病的な疾患でないものの確認として医療機関で画像を含め確認をする事をおすすめ致します。

神経障害は痛み止めの薬剤により痛みとしての緩和には作用する物ですが、直接的な原因を取り除いているわけではございません。

また神経に電気を流すことも、神経の刺激としては有効な結果があるかもしれませんが、神経自体が筋肉や関節(背骨)による圧迫だったとしたら、その圧迫した部位を取り除かない限り改善するとは考えにくいものです。

ではなぜ当院の施術で坐骨神経痛が改善するのか?

坐骨神経痛を発症する原因は様々なものがあります。

徒手療法家が行える坐骨神経痛への施術法として、筋筋膜による神経絞扼に対するアプローチが主になります。

その中でどこの筋が神経の絞扼ポイントになっているのかを的確に評価することが大切となっており、私達「足の専門家」は足のかかとから指先までの形を見て足の使い方を判断します。

主に腰から足の先端までの筋肉の過緊張が原因となり、神経を絞扼しているためその筋に対してストレッチ、それを取り囲んでいる筋膜に対して特殊リリース法を行い神経の滑走性を出します。

ホームページ限定割引画像

ご予約はこちらから