内反小趾

内反小趾メインビジュアル

内反小趾メインビジュアル

笑顔

ホームページ限定割引画像

医師の推薦

教えてもらう前と後2

セミナーや地域貢献活動、神奈川県知事も施術を体験

水泳世界記録保持者

患部画像

  • ・小趾が歩くたびに痛い
  • ・小趾が内側に向いている
  • ・小趾にタコができる
  • ・小趾だけ爪の色が違う
  • ・小趾をうまく使うことができない

メモ:あっ!私のことだ…の画像を入れる?

一般的に行われている内反小趾の対処や施術は

靴の調整やサポーター、インソールの着用がメイン

最近では足の痛み専門の靴屋さんができるほど、靴やインソールの技術は格段に進歩していると思われます。

我々もその重要性は認識しており、状態によって勧める事もあります。

しかし、原因となる足部の機能不全や歩き方を改善させていくには不完全だと思われます。

ではなぜ当院の施術で内反小趾が改善するのか?

小趾が内側に入ってしまう足には中足部(足の真ん中)や後足部(足の後ろ側)にもテーピングや物理療法を加えることで根本の改善に繋がります。

小趾がなぜ内側に入ってしまったのかを患者様と一緒に理解していくことが重要と考えます。

足先の細い靴を履き続けて痛めてしまう方もいれば、過回外足(外足荷重)で骨が移動してしまっている方もいます。

患者様一人ひとりに合わせた施術、テーピング、生活指導を行うことで早期の回復に繋がります。

ホームページ限定割引画像

ご予約はこちらから