足に不調のある方に見て欲しい。 小趾の重要性。

今回は足の小趾についてその重要性などを紹介いたします。

 

突然ですがっ!!

 

皆様の小趾は使えていますでしょうか?

 

裸足になっていただいて小趾を動かしてみてください。自分の意思通り動かせるでしょうか。

 

動かせない方は、普段から小趾を使わず歩行していることになります。

 

でも小趾が使えてなくても全然健康だよ!!  と思われた方もいるかもしれません。

 

しかしっ!!

 

足は人間の体で唯一地面と設置している部分です。

 

その足のバランスを保持する上で小趾はとても重要です。

 

・小趾の役割

 

小趾は特に外側のアーチ横アーチの形成に大きく関わります。

 

この二つのアーチがなくなると足の異常を起こしやすくなります。

 

実際に立ってみてください。

 

足がベターッと外側に広がってしまう方は外側のアーチや横アーチが支えられていない事になります。

 

小趾が使えてない人は、爪を見てみてください。小さくなってしまったり色が変色してしまったりしていると使えてないサインになります。

 

注意点 

 

*まずはこちらをお読みください

 

痛みがある場合はセルフケアでは改善が期待されません。

むしろ過度な運動は組織の破壊を促します。

組織の回復が必要なため固定であったり適切な施術が必要になります。

一度当院にてご相談ください。

 

 

 

・小趾を動かす方法

 

筋肉を動かすという意識づけをさせていくことが重要になります。

 

片方の手で小趾を握ってください。

 

もう片方の手で足の外側を把持してください。

 

かかとの骨の前あたりです。

 

ここに小趾を外転(外に開く)させる筋肉がありますので、ここを把持した状態で小趾を外に誘導します。

この時、自分自身で小趾を動かす意識を持って行いましょう。

筋肉を入れれなくてもいいので入れる意識で行ってください。

1セット10回ほどで結構です。3セット行ってください。

 

少しづつですが、小趾を動かせるようになる感覚がついてきます。

是非トライしてみてください!

 

戸塚小林整骨院

〒244-0003神奈川県横浜市戸塚区戸塚町121大川原ビル1F