アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎

ホームページ限定割引画像

医師の推薦

教えてもらう前と後2

セミナーや地域貢献活動、神奈川県知事も施術を体験

水泳世界記録保持者

  • ジャンプやつま先立ちをすると痛い
  • アキレス腱を押したりつまむと痛い
  • 踵近くのアキレス腱が腫れてる
  • つま先を上げると痛い
  • 長時間、立ったり歩いたりすると痛い

メモ:あっ!私のことだ…の画像を入れる?

一般的に行われているアキレス腱炎の対処や施術は

患部をアイシング、ふくらはぎをマッサージして安静

アキレス腱炎と言ってもいくつか症例が異なります。

1、アキレス腱実質が炎症、

2、アキレス腱を包むパラテノンとの摩擦、

3、アキレス腱が踵に付く付着部の炎症、

4、アキレス腱と踵の間にある滑液包の炎症

などがあり一つ一つの施術は多少変わります。

共通している施術としてアキレス腱を構成する腓腹筋、ヒラメ筋をマッサージしアイシング、安静を図るなどがあります。

しかしそれだけでは痛みが治まっても再発し、また痛くなってしまう可能性があります。

ではなぜ当院の施術でアキレス腱炎が改善するのか?

アキレス腱の痛みで1番のポイントはどこに痛みがあるかです。

痛みのポイントがあるところに対してどう負担がかかっているのか身体の使い方に問題(骨の歪み、筋肉の緊張)があるかを見極めます。

判断の材料として歩き方など、その人の癖などを観察し足の骨調整筋膜リリース内臓調整を行い周りの組織にもアプローチしていきます。

ホームページ限定割引画像

ご予約はこちらから