シンスプリント

シンスプリントメインビジュアル

シンスプリントメインビジュアル

ホームページ限定割引画像

医師の推薦

教えてもらう前と後2

セミナーや地域貢献活動、神奈川県知事も施術を体験

水泳世界記録保持者

患部画像

  • ジンジンとすねの内側が痛くなる
  • 走り出すとすねが痛くなる
  • 膝の内側や足首の内側など広範囲に痛みが出る
  • スネの内側がゴツゴツが大きく腫れてくる
  • ふくらはぎの筋肉が硬いし痛い

メモ:あっ!私のことだ…の画像を入れる?

一般的に行われているシンスプリントの対処や施術は

安静にしながらアイシングや湿布、電気治療などがメイン

軽度の炎症、また絶対安静が可能な環境であればこのよう対処でも痛みが引く事もあります。

しかし、重度の損傷や早期の社会復帰を望む方、再発を起こしたくない方にとってはこのような管理では不完全だと思われます。

それはシンスプリントの原因となる足部の異常歩行や走行の悪い習慣の改善に繋がらないからです。

ではなぜ当院の施術でシンスプリントが改善するのか?

シンスプリントを改善するには損傷度や足部の異常を的確に見極め、それに応じた固定や手技療法、物理療法を行います。

これにより痛みが引いたら原因となった筋肉の機能改善を狙った運動療法やテーピングを行い再発を防ぎます。

同じシンスプリント でも筋肉が収縮しすぎて起きてしまったの、使わなすぎて起きてしまうものもあります。

患者様一人一人の環境は全く違いそれぞれの原因があるのでそれらを見極める事で早期の回復、再発率の大幅な低下を狙います。

ホームページ限定割引画像

ご予約はこちらから